コロンビア GESHA CLOUDS フルーティな中煎り 60g

コロンビア GESHA CLOUDS フルーティな中煎り 60g

  • ¥3,900
    単価 あたり 
税込


どうも、サワラです。
こちらのコーヒーはSCAJ2023にてforestgreencoffeeさんのブースでカッピングに参加させてもらい、その場でシャディさんにお願いをして購入させて頂きました。

Forest Coffee(@forestgreencoffee) • Instagram写真と動画
Shady Bayter(@shadybayter) • Instagram写真と動画

このコーヒーはサンペドロという、コロンビアCOEに名を連ねる素晴らしい農園で作られています。
Finca San Pedro(@finca_sanpedro) • Instagram写真と動画

生産者のミルトンさんは、とても丁寧にアナエロビック精製をすることで、発酵しすぎないフルーティなフレーバーを生み出しています。
Milton Monroy Lopéz(@monroymil) • Instagram写真と動画

品種はゲイシャ種です。
パイン、キウイ、アセロラのようなフルーティーな香りが抜群です。酸質もかなり心地が良い、マイクロロットのコーヒーです。

生産者:Milton Monroy
農園:San Cayetano
地域:Tolima
標高:1800m
品種:Gesha
精製:Anaerobic Natural (84h)

HPより情報を引用、翻訳しました。
GESHA CLOUDS - Forest Coffee (coffeegreenbeans.com)

サン・フアン・デ・ラ・チャイナにある有名なサン・ペドロ農場で作られたこの素晴らしいコーヒーの生産者であるミルトン・モンロイを紹介します。
ミルトンのコーヒーの歴史は彼の父親と一緒に始まります。
彼は、カスティージョやカトゥーラなどの伝統的な品種を栽培しました。

しかし、彼らが魅惑的な品種「ゲシャ」を発見したとき、彼らの世界は変わり、すぐにその比類のない風味に夢中になりました。
彼らは大胆にも農場の 25% にゲシャを植えました。
この決断を決して後悔していません。
ゲシャの加工を完璧にするというミルトンの献身的な努力が功を奏し、彼の農場はコロンビアのカップ・オブ・エクセレンスでファイナリストとしての地位を獲得しました。
私たちは力を合わせて、ミルトン農園の本質とゲシャ コーヒーの空高くの可能性を捉えた、コンペティション シリーズ用のこのマイクロロット、ゲシャ クラウドを作り上げました。

それでは、このコーヒーの魔法がミルトンの精製所でどのように起こるのかを豆知識でお話しましょう。
まず第一に、彼は自然な嫌気性発酵の雰囲気をすべて重視しており、貴重なゲシャ豆を約 60 kg のタンクに分けて保管しています。
それは各タンクで行われるミニ ゲシャ パーティーのようなもので、84 時間冷たい状態で続き、12 時間ごとに特別なシェイクアップが行われ、発酵うまく進むようになります。
それが完了したら、ミルトンはチェリーを約6時間冷やして余分な水分を振り落とします。
その後、機械乾燥機に移し、6 ~ 8 時間軽く回転させて、最初の水分層を取り除き、ファンキーな過剰発酵の雰囲気を避けます。
次の目的地は、マルケジーナの高床式ベッドで、摂氏 18 ~ 31 度の完璧な気温を 24 ~ 32 日間浴びながら乾燥します。
その後、暗室で5日間放置した後、特別な小さなサイロに移され、そこでこれらの豆はVIP処理を受け、理想的な水分レベルを確保してから穀物プロバッグで快適な45日間の昼寝をします。
ほら、こうやってミルトンは魔法を使ってこの素晴らしいゲシャをお届けします!