珈琲の情報

チオピア イルガチェフェ ナチュラル チェルベサ

チオピア イルガチェフェ ナチュラル チェルベサ

このコーヒーはスペシャルティーコーヒー市場で不動の存在感を誇るイルガチェフェの中でも、高品質の生産地として定評のあるウォルカ・チェルベサ村からの選りすぐりの一品となります。この輸出業者はチェルベサ村近辺で穫れるチェリーの品質に魅了され、ダンチェというチェルベサ村の小さな集落に2019年水洗工場を建設し、周りの農家と関係を構築し、独占的にウォルカ区チェルベサ村近辺からの高品質なチェリーを買い付けしています。 標高1950mを超える山奥の精選所より 標高1,950mを超える山奥の水洗工場は、朝は夜は長袖が必要で、朝は霧が立ち 込めるほど気温が下がります。そのような環境下なので、日中も快適な気温ぐらいまでしか上がりません。そのため、太陽の光を十分に浴びてゆっくりと乾燥されます。10日~14日間丁寧に乾燥を工程をすすめることで、本来持っているチェルベサのチェリーの味が最大限まで引き出された一品となります。 生産者:チェルベサ村の小農家さん 国:エチオピア エリア:エチオピア中南部、南部諸民族州、ゲディオ県、ゲデブ地区、ウォルカ・チェルベサ村 標高:1,950 – 2,200m 品種:在来種 生産処理: ナチュラル    
続きを読む
コロンビアLuis Anibal - SL28 - Fully Washed

コロンビアLuis Anibal - SL28 - Fully Washed

ルイス アニバル氏 フィンカビジャベトゥリアでルイスアニバル氏によって栽培されたこのコーヒーは、厳格なチェリーの熟度の基準に従い、手作業で収穫されています。果肉除去後、プラスチック製のタンクで48時間発酵させ、水洗い、理想の水分値になるまでアフリカンベッドにて乾燥させます。アフリカンベッドは、コンスタントにチェックされ、温度が35度以上にならないように管理されています。ルイス・アニバルは、ハイエンドなマイクロロットを生産した最初のウイラのプロデューサーの1人です。ロングファーメンテーションや、ハニー、ナチュラル精製のようなプロセスもチャレンジしてきました。彼の農園には、次のようなあらゆる種類のエキゾチックな品種があります。ゲシャ、タビ、レッドブルボン、イエローブルボン、ジャバ、シドラ、ストライプブルボン、チリブルボン、カトゥーラ、ティピカ、マラゴジペ、パカマラなど。 SL28品種のチャレンジロット さまざまな品種にチャレンジしているルイス氏ですが、このSL28品種では、ミルキーさと冷めてくるとトロピカルな酸と甘さがでてくる面白いロットです。ぜひ生産者のチャレンジ精神を堪能してみてください! 生産者:Luis Anibal 国:Colombia エリア:Acevedo , Huila 標高:1550-1650m 品種:SL28 生産処理:Fully Washed    
続きを読む
ラオス バンロンラン

ラオス バンロンラン

自然豊かな“ロンラン村” のマイクロロット。 ラオス北部ルアンパバーン市街から1時間半ほど車で走ったところにある、ロンラン村。そこでは、約70世帯のモン族の方たちが暮らしています。彼らは、豊かな森を守りながらコーヒーを育て、木々の陰でゆっくり熟した赤い実だけを一つ一つ丁寧に手摘みで収穫しています。坂ノ途中の産地担当が2016年から現地に赴き、専門家と協力しながらコーヒーの品質向上に努めています。生産者さんと時にはぶつかりながらも、 おいしいコーヒーをつくるために試行錯誤を繰り返しています。そんなロン村のコーヒーは、きっと毎年美味しくなっていくはずです。その変化も楽しんでもらえると嬉しいです。クリーンな後味とチョコのような甘みが特徴です。 まずは自分のできることから。美味しさの秘訣は、丁寧な仕事の積み重ね。 サフロンコーヒーの精製場の敷地内には、二世帯の家族が住んでいます。一世帯は、代表のトッドさん一家。もともとは街中に住んでいたのですが、コーヒーの品質向上のため、もっと豆たちに向き合えるように、奥さんと息子さんと二人の娘さんと一緒に、引っ越しました。もう一世帯はトンサイさん一家。収穫期にはどうしても夜勤も発生するので、一家で精製場の敷地内のお家に暮らし、お仕事されています。奥さんのライさんは、生豆の最終選別の基準には特に厳しく、みんなのリーダー的存在。一緒にお手伝いしていた海ノ向こうコーヒーの産地担当も怒られるほどです。 ある日、トンサイさんがバイクで交通事故にあって足を怪我してしまいました。重たいコーヒーを運んだりといったお仕事はしばらくできなり、落ち込んでいました。手先は不器用で細かい仕事が苦手だと言っていたトンサイさんですが、それでも自分にできることをするのだ!といって、奥さんに怒られながらも丁寧にハンドピックしてくれました。昨年から、畑に「コーヒーベリーボーラー」と呼ばれる虫の被害が広がっており、例年よりもさらに選別が大変な中なので100%完璧に取り除くことは難しいのですが、農家さんたちだけでなく精製場の皆さんの丁寧な仕事があってスッキリと美味しいコーヒーが出来上がります。 ラオスの森から 現地パートナーのSaffron coffeeは、ルアンパバーンの旧市街にある小さなカフェです。コーヒーチェリーの集荷と精製、輸出の手続きをお願いしています。代表のトッドさんが、ラオスの美しい自然と文化に惚れ込みアメリカからラオスに移り住んで10数年。英語で会話していたのに、熱がこもるとラオス語に切り替わるくらい、すっかりラオスに馴染んでいます。現地スタッフのみなさんもトッドさんの性格がうつってか、コーヒーづくりへの姿勢も人への接し方もとにかく丁寧です。これまでは、徹底的にクリーンカップを追求してこられました。今季からは、発酵方法を15種類試すなど、ロン村のコーヒーの個性をどう引き出すか、に取り組んでいます。 生産地 ラオス北部ルアンパバーン ロンラン村 精製 ウォッシュド  標高 800~1,400m 品種 カティモール、他  
続きを読む
メキシコ エル・トリウンフォ カフェインレス

メキシコ エル・トリウンフォ カフェインレス

世界でも数少ない有機デカフェ工場 Descamex社が行うマウンテンウォーター・デカフェ製法は、多くの有機認証を取得しており、化学的な溶媒を一切使用せずに安全にカフェイン除去をおこなうシステムです。コーヒーの受け入れは5,000kg/バッチとなっており、有機認証を受けた原料の生産履歴を透明化したまま最終製品にまで仕上げることが可能で、世界でも数少ない有機デカフェ工場になっております。 メキシコのスペシャルティがもたらす爽やかさ 今回はメキシコ チアパス州のエル・トリウンフォ環境保全団体に加盟する79農園が生産した有機JASコーヒーをデカフェにしあげました。メキシコ/チアパスらしい綺麗な風味特性、長い余韻がそのまま感じることができる今までにない有機JASデカフェコーヒーになります。 有機デカフェ製造方法 1.他のコーヒーと接触しないように区画割された場所に原料が一旦保管されます。 2.5,000kg単位で事前にカフェイン含有量を測定し、抽出の準備を行います。 3.デカフェ製造タンクを含めて設備はエアー洗浄、蒸気清掃を行い、他のコーヒーと接触しないことを証明します。 4.第一タンクへ送り、温度と圧力の管理の下で蒸気ジェットを吹き付ける。 5.カフェイン抽出促進のため、暖かい水の中で給水。 6.飽和水容液に移しカフェインを除去。この時圧力を特定条件下に設定。有機デカフェ製造方法
続きを読む
Guatemala Henio Perez Family - Geisha - Fully Washed

Guatemala Henio Perez Family - Geisha - Fully Washed

フィンカ ラ ソレダ フィンカ・ラ・ソレダが設立されたのは1895年のこと。それ以来、地震がラ・ソレダの農家の壁を揺らし、革命軍と反革命軍の内戦がグアテマラのコーヒー畑で起こり、アカテナンゴ火山とフエゴ火山の数え切れないほどの噴火がグアテマラの野原を灰で覆ってきた。しかし、1世紀以上経った今でも、ペレス家はこのアカテナンゴ渓谷の静かな木立でコーヒーを栽培している。125年以上前に設立されて以来、ラ・ソレダには変わらないものがある。農家にはまだ電気がなく、5代目の生産者であるラウル・ペレスは、今でもコーヒー畑の静けさの中で太陽と一緒に昇っている。21世紀の夜明けを迎えたラ・ソレダで栽培されている品種の中には、19世紀末に植えられていたものと同じものもある。しかし、間違いではない。La Soledadは徹底的に進歩的でモダンなオペレーションを行っています。緻密な農法、品種の多様化、ポストハーベストの厳格な管理、徹底した品質管理、絶え間ないイノベーションの精神によって、ラ・ソレダはワールドクラスのコーヒー農園となっているのです。その成果は、グァテマラ・カップ・オブ・エクセレンスで7回という驚異的な受賞歴にも表れているだろう。 <COE Guatemala受賞歴>2017年 10位(87.97)Pacamara Washed2018年 4位(89.97)Geisha Washed    <ゲイシャロット>フィンカ・ラ・ソレダのゲイシャロットは、標高1650メートルで栽培されています。そこでシェードツリーの役割を果たすグレヴィレアの木陰で栽培され、冷涼でコーヒー栽培に最適な環境を産み出します。ラ・ソレダのコーヒーの特徴は、甘くフルーティでデリケートな香りです。このゲイシャは、2012年にアカテナンゴの近隣の農園から種をもらい栽培を始め、広い間隔をとって植えることで、ストレスが少なくなり、コーヒーの木が大きくなります。ストレスが減ることで、より多くの栄養分と糖分が種子に含まれるようになります。収穫時には5~6回の選別を行い、最高の熟度を確保し、カップの中でより良いフレーバーが出るようにしています。約36~45時間かけてドライファーメンテーションをした後、アフリカンベッドで平均14~17日間乾燥させます。その後、輸出されるまで、鮮度と湿度を保つためにグレインプロで寝かします。 <買い付けストーリー 株式会社SYU・HA・RI 代表取締役 辻本 貴弘さん >約6年前僕がグアテマラにいた頃、友人の従妹がコーヒー農園をしているから見に行こうと誘ってもらい、たまたま訪問したのがこのラソレダ農園でした。その時は、まだバイヤーでもなんでもなかった僕を、心からウェルカムしてもらい、素晴らしい時間を過ごさせていただきました。いつか買わせてと言ったところ、基本新規のお客様には売らないけど、タカならいいよと言ってもらったことを鮮明に覚えています。そこから時が経ち、このシュハリを立ち上げたと連絡をしたところ、いいロット置いておくからと連絡がありました。そこ後サンプルで来たのがこのゲイシャでした。ブラインドでした際にも、圧倒的なゲイシャフレーバーがあり、グアテマラではなかなかここまできれいなゲイシャには出会ったことがなかったので、即購入にいたりました。彼らが常に言う言葉があります。「コーヒーを作るのは人だから、いいコーヒーを作りたいという情熱が一番大事だと。」まさにその想いが込められているこのゲイシャを、日本の皆様に届けれることができ非常に幸せです。ABOUT – SYU・HA・RI COFFEE IMPORTERS (syuhari-coffeeimporters.com) Producer Henio Perez Family Origin Guatemala Area Acatenango ,...
続きを読む
Guatemala Antonio Colom Maracaturra  Fully Washed

Guatemala Antonio Colom Maracaturra Fully Washed

アントニオ・コロム氏 30年以上コーヒー栽培に従事してきたコロム家は、未開拓の山、川の源、そして未開発のマイクロリージョンそのものをコーヒー農園用に耕し、厳選された品質を提供するよう努力してきました。環境にやさしい有機肥料を使用し、コーヒーの世話をするチームと一緒に毎日コーヒー農園を散策します。 現在の農場の所有者であるドン・アントニオ・コロムは5年間働き、農園とコミュニティに、常にコーヒーの品質と社会的支援を両立させ、両方に利益をもたらすことに成功しました。長年、彼は自分の土地と農場が提供する品種、そして農場内の水源を研究してきました。これらすべてが求める品質に到達します。 グアテマラ パレンシア地区 グアテマラシティの東に約30キロほど行ったところに、パレンシア地区があります。この自治体の名前は、植民地時代に「サンホセ」と呼ばれていた場所が、マティアス・デ・パレンシアによって買収され、時間の経過とともに地域全体を、「パレンシア」として知られるようになりました。 マラカトゥーラ種 マラカトゥーラ種は、カトゥーラとマラゴヒッペのハイブリッド品種です。マラゴヒッペ品種のフレーバープロファイルと、カトゥーラ品種の高い収穫量を両立させるためにつくられました。 <COE Guatemala受賞歴> 2017年 22位(86.50)Maracaturra Washed Producer Antonio Colom Origin Guatemala Area Palencia Farm Finca Corral Viejo Variety Maracaturra Processing Fully Washed Drying...
続きを読む