インドネシア アチェ フォレストグリーン

ウェーラン村のマンデリン
生産者:アチェ・ウェーラン村の小農家さん
生産地:インドネシア、スマトラ島北部、アチェ・テンガ県、ウェ ー・イラン地区
精製:スマトラ式
標高:1,600m
品種:ガヨ1、ガヨ2、カチモール、ティピカ系品種他
乾燥:生豆で天日乾燥+温室で乾燥
栽培・農薬の使用:農薬化学肥料不使用、シェードグロウン
アチェ・マンデリンの最高峰
スマトラ北部、ガヨ族の人々が住むタワール湖周辺の高地は、古くからいわゆるアチェ・マンデリンの産地として知られています。しっかりとした酸味と濃厚な甘みをもつアチェのコーヒーですが、その中でも秀でた香味を持つコーヒーを生産している地区が近年知られるようになりました。コーヒーの集散地であるタケンゴンの町から北方、アチェのコーヒー産地でも特に標高が高いウェー・イランです。アチェのコーヒー生産地の平均標高が海抜1,200m程度ですが、このウェーイランは1,600mに達する地区です。
農時には雪も降ることがある、この冷涼な土地で生産されるコーヒーは、チェリーの成熟期間が長く、スマトラ産の一般的なコーヒーとは一線を画します。ガヨ族の人々が、その寒冷地の気候に負けず丁寧に生産したレッド・ガヨ、ウェー・イランは、柑橘系のさわやかな酸味としっかりとした甘みを伴った、アチェ・マンデリンの最高峰です。